ビジョン企画出版社 トップ画像
ビジョン企画出版社とは

ビジョン企画出版社は「美術に特化した出版社」です。

弊社は昭和45年、日本美術出版社として創立され、美術を中心とする文化出版活動を開始致しました。昭和48年、株式会社ビジョン企画出版社に改組。以来一貫して美術書の出版に取り組んできました。

また、出版事業の他、版画制作や展覧会の企画運営も行っています。弊社では、今後も良書の発行に努め、読者のニーズに合った美術書、総合芸術書の出版を進めてまいりたいと思っております。 皆様の変わらぬご理解とご支援を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

─ 美じょん新報: 3月20日号発刊 ─ 

美じょん新報

○巻頭インタビュー :
 陶芸家 鈴木藏
   日本特有の自然観によって生まれた志野の可能性の追求
   志野に宿る日本的な感性を もうひとつ、前に進めたい

○[評壇] 2月の展覧会から



詳しくはこちら





─ 美じょん新報: 2月20日号発刊 ─ 

美じょん新報

○新春特別インタビュー :
 日本藝術院長 高階秀爾
   後世の表現者の豊かな引用源となるために
   日本の芸術を、正確に、伝承していくということ

○[評壇] 1月の展覧会から:瀧 悌三



詳しくはこちら





─ 美じょん新報: 1月20日号発刊 ─ 

美じょん新報

○日本藝術院会員就任記念 特別インタビュー :
 日本画家 村居正之さん
   作家としての「伸びしろ」はまだほとんど無限に残されていると思っています
   さらなる高みをめざして

○[評壇] 12月の展覧会から:瀧 悌三



詳しくはこちら





─ 美じょん新報:12月20日号発刊 ─ 

美じょん新報

○巻頭特別インタビュー :
  彫刻家 吉野毅さん
   仏像に通じる気高い精神性を現代の女性像に形象化する
   日本人の彫刻をつくる

○[評壇] 11月の展覧会から:瀧 悌三



詳しくはこちら





─ 美じょん新報:11月20日号発刊 ─ 

美じょん新報

○巻頭特別インタビュー :
  画家 絹谷幸二さん
   あらためて自分に問い直す
   絵を描くことの意味とその有用性

○[評壇] 10月の展覧会から:瀧 悌三



詳しくはこちら





─ 美じょん新報:10月20日号発刊 ─ 

美じょん新報

○巻頭特別インタビュー :
  日本画家 上村淳之さん
   自然と共に生きてこそ識る
   花鳥画の真髄への道

○[評壇] 9月の展覧会から:瀧 悌三



詳しくはこちら





─ 美じょん新報: 9月20日号発刊 ─ 

美じょん新報

○巻頭特別インタビュー :
  日展理事長 奥田小由女さん
   コロナ禍から立ち上がるため、新たな一歩を踏み出すとき
   美術の秋を彩る 日展、開催へ。

○[評壇]7、8月の展覧会から:瀧 悌三



詳しくはこちら





─ 美じょん新報: 8月1日号発刊 ─ 

美じょん新報

○巻頭特別インタビュー :
  文化庁長官 宮田亮平さん
   コロナ禍からの再興計画
   文化を守り、継承し、未来につなげるために

○[評壇]6、7月の展覧会から:瀧 悌三



詳しくはこちら





─ 美じょん新報: 6月20日号発刊 ─ 

美じょん新報

○巻頭特別インタビュー :
  洋画家 佐藤哲さん × 美術評論家 瀧 悌三さん
   江藤哲と佐藤哲
   偉大な技術の継承と新たな創造と

○[評壇]4、5月の展覧会から:瀧 悌三


○緊急アンケート:
  新型コロナウイルス感染拡大防止状況下、美術家・美術関係者に聞く

詳しくはこちら





─ 美じょん新報: 3月20日号発刊 ─ 

美じょん新報

○巻頭特別インタビュー :
  公益社団法人 日本工芸会理事長 林田英樹さん
   正しい価値判断のための 伝統工芸論

○[評壇] 3月の展覧会から:瀧 悌三


詳しくはこちら


─ 美じょん新報: 3月20日号発刊 ─ 

美じょん新報

○巻頭特別インタビュー :
  彫刻家 山本眞輔さん
   心の起伏を表現し続けた60年のあゆみ

○[評壇] 2月の展覧会から:瀧 悌三


詳しくはこちら


─ 美じょん新報: 2月20日号発刊 ─ 

美じょん新報

○巻頭特別インタビュー :
  日本画家 土屋禮一さん
   平成から令和へ―大嘗祭「大饗の儀」

○[評壇] 1月の展覧会から:瀧 悌三


詳しくはこちら


─ 美じょん新報: 1月20日号発刊 ─ 

美じょん新報

○巻頭特別インタビュー :
  彫刻家 澄川喜一さん
   木に寄り添い、個性を活かす

○[評壇] 12月の展覧会から:瀧 悌三


詳しくはこちら


─ 美じょん新報:12月20日号発刊 ─ 

美じょん新報

○巻頭特別インタビュー :
  日本藝術院会員 金工作家 春山文典さん
   アルミ鋳金による独自の創造性
   「芸術的に」つながって、今の自分があるということ

○[評壇] 11月の展覧会から:瀧 悌三


詳しくはこちら


─ 美じょん新報:11月20日号発刊 ─ 

美じょん新報

○巻頭特別インタビュー :
  彫刻家 神戸峰男さん
   ~形が精神を表現する~
    偶然出会い、それを活かす―50年のあゆみ

○[評壇] 10月の展覧会から:瀧 悌三


詳しくはこちら


─ 美じょん新報:10月20日号発刊 ─ 

美じょん新報

○巻頭特別インタビュー :
  彫刻家 絹谷幸太さん
  洋画家 奥谷太一さん
   自然発生的創造性
   垣根も、重圧も、軽々と超えて行く―新世代対談―

○[評壇] 9月の展覧会から:瀧 悌三

詳しくはこちら


─ 美じょん新報:9月20日号発刊 ─ 

美じょん新報

○巻頭特別インタビュー :
  陶芸家 森野泰明さん
   色、形、模様の調和ありき
   自らの創作を、日々、更新し続けるために

○[評壇] 7、8月の展覧会から:瀧 悌三


詳しくはこちら


─ 美じょん新報:8月1日号発刊 ─ 

美じょん新報

○令和記念 2号連続特別鼎談 :
 令和元年美術論2
  ~新しいフロンティアを切り拓くために~
    瀧 悌三さん(美術評論家)
    本江邦夫さん(美術史家)
    土方明司さん(美術評論家)
      本江邦夫氏が6月3日に急逝されました。
     ご逝去を悼み、心から哀悼の意を表します。

    ○[評壇] 6、7月の展覧会から:瀧 悌三

詳しくはこちら







─ 美じょん新報:6月20日号発刊 ─ 

美じょん新報

○令和記念 2号連続特別鼎談 :
 令和元年美術論
  ~新しいフロンティアを切り拓くために~
    瀧 悌三さん(美術評論家)
    本江邦夫さん(美術史家)
    土方明司さん(美術評論家)
      本江邦夫氏が6月3日に急逝されました。
     ご逝去を悼み、心から哀悼の意を表します。

    ○[評壇] 5月の展覧会から:瀧 悌三

詳しくはこちら







─ 美じょん新報:5月20日号発刊 ─ 

美じょん新報

○新春巻頭特別インタビュー :
 小説家 黒井千次さん

  継続的創造性とその先にあるもの

○[評壇] 4月の展覧会から:瀧 悌三


詳しくはこちら








─ 美じょん新報:4月20日号発刊 ─ 

美じょん新報

○新春巻頭特別インタビュー :
 日本画家 平松礼二さん

  継続的創造性とその先にあるもの

○[評壇] 3月の展覧会から:瀧 悌三


詳しくはこちら








─ 美じょん新報:3月20日号発刊 ─ 

美じょん新報

○新春巻頭特別インタビュー :
 洋画家 馬越陽子さん

 「人間性の解放」を描く激動の創作人生

○[評壇] 2月の展覧会から:瀧 悌三


詳しくはこちら








─ 美じょん新報:2月20日号発刊 ─ 

美じょん新報

○新春巻頭特別インタビュー :
 洋画家 奥谷 博さん

 「筆一本の画家人生、洋画界のトップランナー」

○[評壇] 12・1月の展覧会から:瀧 悌三


詳しくはこちら








─ 美じょん新報:1月20日号発刊 ─ 

美じょん新報

○新春巻頭特別インタビュー :
 文化庁長官 宮田亮平 鈴木 藏

 「新文化庁始動! 明日の活動について」

○[評壇] 12月の展覧会から:瀧 悌三


詳しくはこちら





─ 美じょん新報:12月20日号発刊 ─ 

美じょん新報

○巻頭特別インタビュー :
 陶芸家 人間国宝 鈴木 藏

 「志野に魅せられ65年、心の宇宙を表現する志野を現代に再生する」

○[評壇] 11月の展覧会から:瀧 悌三


詳しくはこちら









─ 美じょん新報:11月20日号発刊 ─ 

美じょん新報

○巻頭特別インタビュー :
 洋画家 小杉小二郎

 「絵が奏でる作家の眼差し」

○[評壇] 10月の展覧会から:瀧 悌三


詳しくはこちら





─ 美じょん新報:10月20日号発刊 ─ 

美じょん新報

○巻頭特別インタビュー :
 洋画家 絹谷幸二

「すべてはひとつ
   その信念とともに」
○[評壇] 9月の展覧会から:瀧 悌三


詳しくはこちら





─ 美じょん新報:9月20日号発刊 ─ 

美じょん新報

○巻頭特別インタビュー :
 洋画家 笠井誠一

「笠井誠一 大回顧展
  静物画家としてのあゆみ。」
○[評壇] 7、8月の展覧会から:瀧 悌三


詳しくはこちら





─ 美じょん新報:8月1日合併号発刊 ─ 

美じょん新報

○巻頭特別インタビュー :
 陶芸家 今井政之

「たったひとり、あゆむ道。
  たどりついた「面象嵌」とその先へ。」
○[評壇6、7月の展覧会から:瀧 悌三


詳しくはこちら





─ 美じょん新報:6月20日号発刊 ─ 

美じょん新報

○巻頭特別インタビュー :
 洋画家 中山忠彦

「人物像に
     理想像を託して」
○[評壇5月の展覧会から:瀧 悌三


詳しくはこちら





─ 美じょん新報:5月20日号発刊 ─ 

美じょん新報

○巻頭特別インタビュー :
 彫刻家 橋本堅太郎

「生涯をかけて、木と、人に向き合ってきた
     彫刻家の仕事について」
○[評壇4月の展覧会から:瀧 悌三


詳しくはこちら





─ 美じょん新報:4月20日号発刊 ─ 

美じょん新報

○巻頭特別インタビュー :
 日本画家 上村淳之

「絵画的要素の
     収集と蓄積」
○[評壇3月の展覧会から:瀧 悌三


詳しくはこちら





─ 美じょん新報:3月20日号発刊 ─ 

美じょん新報

○巻頭特別インタビュー :
 日本画家 土屋禮一

「時空を超えて
     未踏の世界へ」
○[評壇2月の展覧会から:瀧 悌三


詳しくはこちら





─ 美じょん新報:2月20日号発刊 ─ 

美じょん新報

○巻頭特別インタビュー :
 彫刻家 澄川喜一

「環境造形としての
     公共芸術とは何か」
○[評壇]1月の展覧会から:瀧 悌三


詳しくはこちら





─ 内山 孝 展-95年の軌跡- ─ 2017年 5月 29日(月)~ 6月 4日(日)

内山 孝

内山 孝 :
日展会員 日洋会顧問 1922/佐賀県唐津市生 1951/摩美術大学油絵科卒業、小絲源太郞に師事 1967-68/パリ留学、アカデミー.ジュリアン修、ル.サロン優秀賞 1987/日洋会創立委員
10:00-18:00[最終日は16時閉場]
株式会社ビジョン企画出版社 アート・スペースVisionにて、展覧会を開催.
詳しくはこちら








─ 美じょん新報:5月20日号発刊 ─ 

美じょん新報

○巻頭特別インタビュー :
 日本画家 平松礼二

「時代の表現者として
     本物の引用源であるために」
○[評壇]5月の展覧会から:瀧 悌三


詳しくはこちら








─ 佐藤 哲 展 ─ 2016年 9月 15日(木)~ 9月 23日(金)

佐藤 哲

佐藤 哲 :
藝術院会員就任記念
   日本藝術院会員 日展副理事長 東光会理事長

株式会社ビジョン企画出版社 アート・スペースVisionにて、展覧会を開催予定.

10:00-18:00[ 9/18・19・22休廊] 作家在廊日 9/15・16・23

詳しくはこちら








─ 橋本 堅太郎 展 ─ 2016年 7月 19日(水)~ 7月 25日(月)

橋本 堅太郎

橋本 堅太郎 :
96年日本藝術院賞受賞、09年 旭日中綬章受賞、11年文化功労者、現在日本藝術院会員、日展顧問、日本彫刻会常務理事、東京学芸大名誉教授。
株式会社ビジョン企画出版社 アート・スペースVisionにて、展覧会を開催中.

詳しくはこちら








青嵐会─日本画京洛東都新進展─ 2016年 6月 6日(月)~ 6月10日(金)

青嵐会

推薦者による東西日本画壇の注目若手作家の作品を展覧いたします。ご高覧賜りますようご案内申し上げます。
泉 東臣 猪熊 佳子 岩田 壮平 岩永 てるみ 岡田 眞治 奥村 美佳 齋 正機 棚町 宜弘 三浦 弘
賛助出品 岩倉 壽 上村 淳之 土屋 礼一 中路 融人 那波多目 功一 (五十音順)

詳しくはこちら








『美術大鑑2017年版』好評発売中!

『美術大鑑2017』

30年以上の歴史を誇る『美術大鑑』。

類書をしのぐ多彩で、的確な情報と豊富なカラー図版は
今年も健在。

いま、最も信頼されている美術年鑑誌。


詳しくはこちら





【販売の御案内】 リトグラフ / 絵画販売!

東山魁夷(ひがしやまかいい)

東山魁夷「黎明」

日本美術史上、他に類を見ない富士の姿を描いた1980年の記念碑的名品『黎明』をはじめ、東山魁夷の作品を紹介。


東山魁夷の作品一覧 : 詳細はこちら

中山忠彦(なかやまただひこ)

中山忠彦「真珠の耳飾り」

独立した一つの作品である中山忠彦の石版画は、まさに画家の魂が宿る美の結晶である。


中山忠彦の作品一覧 : 詳細はこちら

奥田元宋(おくだげんそう)

奥田元宋「白嶺秋耀」

白嶺、紅葉、湖水との色彩対比の妙味、そして奥田画伯の71年にもおよぶ画歴にて辿り着いた心象風景が描かれた、奥田元宋画伯晩年の秀作。


奥田元宋の作品一覧 : 詳細はこちら

後藤純男(ごとうすみお)

後藤純男「鹿苑寺庭園」

今まさに夜のとばりが降り始めようとする金閣寺。まるでこの世が闇に包まれてもなお、 内から光輝き続ける様を描いた深みのある作品。


後藤純男の作品一覧 : 詳細はこちら






【 お知らせ / 御案内】

Copyright© VISION Planning-Publishing,Inc. All Rights Reserved.